京ふうせん

きょうふうせん

京ふうせん(写真)

商品について

京都では、平安時代から女官装束のあわせ仕立ての
衣の表裏のきれを「かさねの色目」と言い
この色目で京都の季節を楽しんでました。

末富は小さい麩焼き煎餅をふうせんに見立てて
基本の色目五色「赤・白・青・緑・黄」のお砂糖で
京の色目を表現しました。

商品詳細

内容
数量・外寸・価格は一覧にてご確認ください。
原材料
餅米(国産)・砂糖・澱粉・コチニール色素・クチナシ青色素・クチナシ黄色素
特定原材料
なし
取扱店
末富本店
全国の販売店

商品サイズ・価格一覧

京ふうせん パッケージ(写真)
  • 内容量
    外寸
    価格(税込)
  • 28枚
    8.4×16.0×3.5cm
    1080円