如月(二月)のお菓子

  • 東風(写真)

    東風

    こち
    東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花
     あるじなしとて 春を忘るな

    菅原 道真(拾遺集)

    「春になって東風が吹いたなら、花を咲かせて香りをを届けておくれ、主人がいなくても、咲く春を忘れないでおくれ。」この和歌の、東風を銘にしたお菓子です。白小倉餡を羽二重餅で、梅の形を作り、花芯は黄色い練りきりをつけています。
    486円(税込)

    原材料

    砂糖・白小豆・米粉・山芋・水飴
    赤色106号・赤色3号・クチナシ黄色素
    特定原材料
    なし
  • 福枡(写真)

    福枡

    ふくます
    豆は古くから邪気を払う力が潜むと言われていました。豆まきにちなみ、枡を象った薯蕷饅頭です。
    519円(税込)

    原材料

    砂糖・白小豆・米粉・山芋・水飴・馬鈴薯澱粉
    クチナシ黄色素・赤色106号・赤色3号
    特定原材料
    なし
  • うぐいす餅(写真)

    うぐいす餅

    うぐいすもち
    初音を待つ心を
    鮮やかなうぐいす色にこめた餅です。
    432円(税込)

    原材料

    砂糖・小豆・米粉・青大豆・水飴
    クチナシ青色素・クチナシ黄色素
    特定原材料
    なし
  • 下萌(写真)

    下萌

    したもえ
    雪におおわれた地面から若芽がまさに萌えでんとしている早春を、芯のまわりによもぎの入ったあんでつけ、上に山芋を使用したあんをのせたきんとんで表現しました。
    540円(税込)

    原材料

    砂糖・小豆・手芒・白小豆・山芋・よもぎ
    特定原材料
    なし